新潟県は観測史上最も早く6月中に梅雨が明け、連日の猛暑となっている。異例の早さで訪れた真夏の暑さに体が慣れていない上、新型コロナウイルス禍で習慣となったマスク着用や、電力逼迫(ひっぱく)による節電の動きも重なり、熱中症の危険性が高まる。専門家は「健康と命を第一に考えてほしい」と、エアコンの適切な使用などを呼びかけている=図参照=。

 新潟地方気象台は28日、本県を含む北陸地方が梅雨明けしたとみられ…

残り1109文字(全文:1318文字)