新潟-信濃 8回1死二、三塁から逆転の2点適時打を放った代打荒木=悠久山 (長岡支社・佐藤将志撮影)
新潟-信濃 8回1死二、三塁から逆転の2点適時打を放った代打荒木=悠久山 (長岡支社・佐藤将志撮影)

 ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは29日、長岡市悠久山球場で信濃に8-7で逆転勝ちし、後半戦を白星でスタートした。

 新潟は中盤以降、打線が奮起し、7点差をひっくり返した。

 打線は0-7の六回、松島のソロ本塁打を皮切りに熊谷、熊倉の連続適時打と佐藤の3ランで、1点差に詰め寄った。八回、1死二、三塁で代打荒木が2点適時打を放ち、試合を決めた。

 先発下川は初回に先制点を許し、4回1/3を投…

残り557文字(全文:782文字)