猛暑が続く県内。妙高市杉野沢の苗名滝では29日、涼を求めて多くの観光客が訪れていた。同市の最高気温は32・0度。長野県須坂市から訪れた無職高橋正人さん(73)は「マイナスイオンがいっぱい。次は孫も連れてきたい」と話していた。
猛暑が続く県内。妙高市杉野沢の苗名滝では29日、涼を求めて多くの観光客が訪れていた。同市の最高気温は32・0度。長野県須坂市から訪れた無職高橋正人さん(73)は「マイナスイオンがいっぱい。次は孫も連れてきたい」と話していた。

 新潟県内は29日、太平洋高気圧に覆われて暖かい空気が流れ込み、上越市(高田)で最高気温が35・2度の猛暑日となるなど、各地で気温が上昇した。33・3度となった新潟市中央区など、28地点中8地点で今年の最高気温を更新した。

 このほか魚沼市(小出)で34・6度、長岡市で34・2度を記録。33・7度だった新潟市西蒲区(巻)など3地点は6月の観測史上最高だった。

 新潟日報社のまとめでは、同日午後5時現在…

残り102文字(全文:319文字)