東日本から西日本の広い範囲で続く異例の猛暑は7月上旬にいったん和らぐとみられる。西日本から次第に雨や曇り空が広がり、「戻り梅雨」の状態になる見込み。新潟地方気象台によると、新潟県内でも太平洋高気圧の勢いが弱まって気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がり、平年並みの気温に近づくとみられ、5日に降雨が予想されている。

 猛暑をもたらしたのは、偏西風が日本列島を避けるように北に蛇行し、そこへ南から太平洋高…

残り337文字(全文:546文字)