関東信越国税局が1日発表した2022年分の新潟県内路線価は、新型コロナウイルス禍で落ち込んだ前年に比べ下落幅が和らいだ。県内13税務署別の最高路線価のうち、新津が30年ぶりに上昇し、唯一のプラスとなった。21年に2・2%マイナスだった新潟をはじめ、4署は横ばいだった。長岡、高田を含む8税務署では最高路線価が下がり、県平均も29年連続で下落。人口減少に伴う需要低下で、下降基調が続いている。

 路線価…

残り1035文字(全文:1244文字)