日銀新潟支店は1日、6月の県内企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、全産業が3月の前回調査から10ポイント上昇のマイナス2となり、3四半期ぶりに改善した。製造業は10ポイント上昇のプラス4で、2018年12月以来、3年半ぶりにプラス圏に浮上した。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、宿泊・飲食サービスなども回復した。

 DIは業況が「良い」と答えた企業…

残り761文字(全文:970文字)