原発の安全性を巡る新潟県独自の「三つの検証」で、事故時の安全な避難方法を検証する避難委員会は2日、県庁で会合を開き、約5年に及ぶ議論を経てまとめた報告書案をおおむね了承し、次回会合で議論を終えることで合意した。

 避難委は2017年9月から、東京電力柏崎刈羽原発の重大事故に備えて策定した県の避難計画の実効性を高めるため、東電福島第1原発事故の経験を教訓に議論してきた。

 2日に示された報告書案には、…

残り561文字(全文:778文字)