電気火災の予防を呼びかけ、再現実験で広報する消防署員(手前右)ら=新潟市秋葉区
電気火災の予防を呼びかけ、再現実験で広報する消防署員(手前右)ら=新潟市秋葉区

 たこ足配線やコンセントにたまったほこりなどが原因で起こる「電気火災」を防止しようと、新潟市東・秋葉・西消防署は2日、市内のコメリパワー河渡・新津・新潟西店と協力し、啓発活動を行った。3店舗で約30人の署員が、買い物に訪れた多くの家族連れに注意を呼びかけた。

 夏は気温が上がり、電化製品が放熱しにくくなるため、電気火災が起きやすい。秋葉消防署によると、昨年の6〜8月に市内で発生した火災28件のうち9…

残り296文字(全文:505文字)