2008年秋の米リーマン・ショックに端を発する世界的な経済危機の波は、東陽理化学研究所にも押し寄せた。

 東陽は、米アップル製品の外装加工で急成長を遂げ、07年には米国で発売され、人気となったスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」初号機の外装も手がける。08年ごろを境に、工程は中国子会社へと完全移管していた。

 「アップル向けの仕事に経営資源を集中し、国内の営業活動は手薄だった」。リーマン・…

残り1301文字(全文:1518文字)