新潟県内で2021年度に殺処分された犬と猫は計270匹で、犬と猫両方の数を把握している1979年度以降、最少だったことが4日までに、県のまとめで分かった=グラフ参照=。20年度から136匹減り、初めて300匹を下回った。不妊・去勢手術の普及や、保護数に占める譲渡率の向上などが要因とみられる。

 21年度に殺処分されたのは犬12匹、猫258匹。内訳は「治る見込みがない病気や攻撃性があるなどの理由で譲…

残り350文字(全文:559文字)