衆参両院は4日、国会議員の2021年分の所得に関する報告書を公開した。新潟県関係国会議員計11人(衆院7人、参院4人)の平均所得は1人当たり1833万円で、20年より29万円減少した。最も多かったのは、21年10月まで務めた外務副大臣の給与などが加算された鷲尾英一郎衆院議員(自民)の2447万円だった。

 衆院事務局によると、国会議員の21年の歳費は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1〜10月は…

残り392文字(全文:601文字)