長岡市の消防団分団長が団員報酬を流用したことについて会見する市消防本部の高坂篤消防長(中央)ら=5日、長岡市千歳1
長岡市の消防団分団長が団員報酬を流用したことについて会見する市消防本部の高坂篤消防長(中央)ら=5日、長岡市千歳1

 新潟県長岡市内の消防団の50代男性分団長が約11年分の団員報酬合わせて約790万円を私的に流用し、懲戒免職となった問題で、市消防本部は5日、市内で記者会見を開き、流用されなかった分も含め、団員には報酬が一切渡されていなかったことを明らかにした。分団では、分団長が1人で会計を担当していた。

 市消防本部によると、流用があったのは2011年4月から今年5月までの間。分団員の報酬や分団の活動費は今年3月…

残り427文字(全文:636文字)