フィナーレで観客と出演者が一緒に佐渡おけさを踊った民謡の祝祭=佐渡市中原
フィナーレで観客と出演者が一緒に佐渡おけさを踊った民謡の祝祭=佐渡市中原

 佐渡島内の民謡団体が一堂に会する「佐渡民謡の祝祭」が、新潟県佐渡市中原のアミューズメント佐渡で開かれた。新型コロナウイルスの影響で3年ぶり。ステージでは総勢約300人が佐渡おけさや相川音頭などを披露。フィナーレでは出演者と観客約100人が一緒に佐渡おけさを踊り、場内が一体となって民謡を楽しんだ。

 市などでつくる佐渡民謡活性化実行委員会が主催。島内の民謡団体数は最盛期には数十団体あったといわれるが…

残り397文字(全文:606文字)