JR浦佐駅前に建つ田中角栄元首相の銅像。台座には「内政外交に画期的な政治を断行した」と刻まれている=6日、南魚沼市
JR浦佐駅前に建つ田中角栄元首相の銅像。台座には「内政外交に画期的な政治を断行した」と刻まれている=6日、南魚沼市

 1972(昭和47)年に田中角栄氏が新潟県人初の首相に就いてから、7日で丸50年。就任2カ月で中国との国交回復を果たし、鮮烈な印象を内外に示した。裸一貫からのし上がり「今太閤」と人気を博したが、金脈問題などで失脚した。昭和を象徴する毀誉褒貶(きよほうへん)のリーダーで、強い政治力や庶民目線の人間性が今も多くの人を引きつけている。

 18年に刈羽郡二田村(現柏崎市)で生まれた田中氏は尋常高等小学校を…

残り477文字(全文:686文字)