地域課題の解決に向けたビジネスプランを発表する県立大の学生=新潟市東区
地域課題の解決に向けたビジネスプランを発表する県立大の学生=新潟市東区

 第四北越フィナンシャルグループ(FG、新潟市中央区)を中心に設立した地域商社「ブリッジにいがた」と新潟県立大が連携し、学生が地域課題の解決策を探る演習に取り組んだ。学生は約5カ月かけて市場調査や収支計画の作成を行い、観光振興や県産品のブランド化のアイデアを披露した。

 顧客ニーズやターゲット層の分析などを通じてビジネス感覚を身に付けるのが目的。3〜5人の7チームに分かれ、ブリッジにいがたが用意した…

残り407文字(全文:616文字)