池田隆明教授
池田隆明教授

 新潟県村上市山北地区の府屋で震度6強を観測した新潟・山形地震から18日で2年となる。家屋倒壊や大規模地滑りが発生するとされる揺れに襲われながら、実際は全壊はなく、大規模半壊などの被害でとどまった。なぜか。地震発生直後に現地入りし、その後も解明のために研究を続けている長岡技術科学大学大学院工学研究科の池田隆明教授(57)=地震工学=に聞いた。(村上支局長・杉崎文治)

 -地震直後に行った調査はどのよ…

残り1025文字(全文:1234文字)