8月25日に新潟市の阿賀野川河口で3年ぶりに行われる「阿賀野川ござれや花火」で、地元の小学6年生から募集したデザイン花火の入賞作品が決まった。花のデザインなど入賞5点の花火が当日打ち上げられる。

 新潟市北区と東区の住民らでつくる協賛会が主催、実行委員会が運営。新型コロナウイルス禍により我慢の多い学校生活を続けてきた児童たちに、思い出の作品を作ってもらおうと企画した。

 花火のデザインは「夏といえば…

残り174文字(全文:391文字)