新潟-柏崎工 4回裏新潟2死一、二塁で杉本が右前にタイムリーを放ち3-1。一塁でガッツポーズ=7月17日、新発田市五十公野球場(写真映像部・荒川慶太撮影)
新潟-柏崎工 4回裏新潟2死一、二塁で杉本が右前にタイムリーを放ち3-1。一塁でガッツポーズ=7月17日、新発田市五十公野球場(写真映像部・荒川慶太撮影)

 [新潟4-2柏崎工業]「リベンジできてうれしい。一本大事なところで打てて良かった」。新潟の主将杉本寛児は声を弾ませた。第5シードとして臨んだ昨夏、3回戦で柏崎工に敗れた。同じ顔合わせとなったこの試合、新潟は投打の中心が力を発揮し、先輩の雪辱を果たした。

 2-1の四回、2死一、二塁。「ここで追加点を取れればかなり試合を優位に運べる」と打席に立った。狙い澄ました初球を右前に運び、2走・梅田耀帆を生還…

残り272文字(全文:481文字)