オキナグサの生息環境を守るため、鎌で雑草を刈り取る広神西小児童や住民ら=魚沼市大芋川
オキナグサの生息環境を守るため、鎌で雑草を刈り取る広神西小児童や住民ら=魚沼市大芋川

 新潟県魚沼市で絶滅危惧種の野草「オキナグサ」の保全活動を行っている大芋川区と広神西小学校が、2022年度環境大臣表彰の地域環境保全功労者表彰を受けた。04年秋の中越地震で自生地が被災する危機を乗り越え、住民と児童が協力して少しずつ増やしてきた。県内最大級の群落を守る地道な努力が評価されたことに「励みになる」と喜んでいる。

 22年度の環境大臣表彰は3部門の計110件が選ばれ、そのうち地域環境保全は…

残り590文字(全文:799文字)