千葉県八街(やちまた)市で6月末、下校中の小学生の列に飲酒運転の大型トラックが突っ込み、5人が死傷する事故が起きた。歩道のない市道で、近隣小中学校のPTAが市にガードレールの設置を求めていた場所だった。新潟日報社が「もっとあなたに特別報道班」(モア特)の会員に、県内での通学路の現状などを聞いたところ、地元の通学路も不安だという声が多数寄せられた。

続きはこちら