任期満了に伴う新潟県聖籠町長選(8月23日告示、28日投開票)が告示まで1カ月を切った。これまでに、現職で再選を目指す西脇道夫氏(67)と、新人で元町職員の水戸部吉成氏(36)が立候補を表明し、一騎打ちになるとみられる。1期4年の実績を強調する西脇氏に対し、若さと行動力を訴える水戸部氏。両陣営は静かな前哨戦を繰り広げ、西脇氏の行財政改革への町民の評価が争点になりそうだ。

 「財政見直しの結果、4年…

残り941文字(全文:1150文字)