新潟県と新潟市は27日、過去最多となる2210人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者が2千人を超えるのは初めて。県は「いつ誰が感染してもおかしくない状況だ」として、県民に自宅療養に備えた食料品や解熱薬などの買い置きを呼びかけた。

 感染経路不明は1429人。1日の感染者が千人を超えるのは7日連続。前週の水曜日(20日)の808人の2・7倍となった。県は過去に公表した感染者4人を取り消したため、県内の感染者は9万7114人となった。

 県内は今月21日に初めて千人を超え、22日はこれまで最多の1966人を確認した。県と新潟市は22日の感染者数を当初、1968人と公表していたが、その後に2人取り下げた。

 感染者急増を受け、県は27日に会見を開き、1週間分を目安に食料品や日用品、市販の解熱薬の備蓄を呼びかけた。例として、水分補給のためのスポーツ飲料や、体調不良時でも簡単に調理ができるレトルト食品などを挙げた。買い占めの必要は全くないとし、ネット通販の活用も求めた。

 陽性者の自宅療養期間はおおむね10日間。県は自宅療養者に食料品などを配送しているが、感染拡大で通常よりも遅れが生じ、申請から発送まで最大5日かかった場合があった。

 県によると、発熱外来の患者で医療機関は混雑している。県福祉保健部の堀井淳一副部長は会見で「感染拡大の傾向はしばらく続く。感染した際の準備をお願いしたい」と話した。

 県と新潟市は新たに16の感染者集団(クラスター)を公表した。小中学校や高齢者施設関連などで、規模は5〜22人。

 市区町村別の感染者は次の通り。

▽新潟市中央区 229人

▽新潟市東区 204人

▽新潟市西区 182人

▽新潟市江南区 97人

▽新潟市秋葉区 78人

▽新潟市北区 68人

▽新潟市南区 33人

▽新潟市西蒲区 26人

▽新潟市滞在中 4人

▽長岡市 202人

▽上越市 137人

▽新発田市 128人

▽三条市 124人

▽魚沼市 75人

▽燕市 74人

▽南魚沼市 61人

▽村上市 56人

▽五泉市 55人

▽柏崎市 50人

▽十日町市 44人

▽阿賀野市 42人

▽胎内市 38人

▽糸魚川市 32人

▽聖籠町 27人

▽加茂市 24人

▽湯沢町 23人

▽妙高市 21人

▽見附市 17人

▽小千谷市 14人

▽田上町 11人

▽佐渡市 10人

▽阿賀町 6人

▽関川村 4人

▽津南町 2人

▽出雲崎町 1人

▽新発田市滞在 3人

▽長岡市滞在 1人

▽村上市滞在 1人

▽糸魚川市滞在 1人

▽五泉市滞在 1人

▽上越市滞在 1人

▽佐渡市滞在 1人

▽湯沢町滞在 1人

▽刈羽村滞在 1人