新潟中央署と県警交通指導課は28日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、新潟市中央区文京町、自営業の容疑者の男(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は25日午後6時過ぎ、乗用車を運転中に新潟市中央区西堀通5の国道交差点で、横断歩道を渡っていた10代の小学生をはねて両肩の打撲など全治2週間のけがを負わせ、救護せずに逃げた疑い。同署によると容疑を認めている。