鉄道車両の荷棚を取り付けるアルミニウム部品を手がけるようになり、2000年代前半のアルモ(長岡市)は順調な歩みだった。金型作りから実際の鋳造、仕上げ加工までを自社で完結。一貫体制を敷く企業は全国的にも数が少なく、存在感を放っていた。

 売り上げベースで6割を占める自動車関連の事業も堅調に推移。受注が増加傾向にあった05年、長岡市西陵町の雲出工業団地に第2工場を建設し、増産態勢を整えた。07年には鉄…

残り1241文字(全文:1450文字)