ツチクジラ属の新種と確認された頭骨化石=佐渡市
ツチクジラ属の新種と確認された頭骨化石=佐渡市

 新潟県佐渡市小木堂釜(おぎどうのかま)の素浜(そばま)海岸南部で発見され、世界で初めて新種のツチクジラ属のものと確認された頭骨化石について、佐渡ジオパーク推進協議会が「和名」を募集している。

 頭骨化石は地元住民が採取し、1989年に故小林巌雄・新潟大教授らのグループが論文でツチクジラ属に類似すると指摘。その後、川谷文子さん(長野・飯田市美術博物館)と甲能(こうの)直樹さん(東京・国立科学博物館)…

残り356文字(全文:565文字)