内覧会で地場産の野菜や加工品などが並ぶ直売所「あがの市場」を見学する住民ら=8月3日、阿賀野市窪川原
内覧会で地場産の野菜や加工品などが並ぶ直売所「あがの市場」を見学する住民ら=8月3日、阿賀野市窪川原

 5日に阿賀野バイパス沿いにオープンする新潟県阿賀野市の「道の駅あがの」(同市窪川原)で3日、関係者向けの内覧会が開かれた。訪れた住民らは、地元の農産物や加工品が並ぶ直売所などを見学した。市内では初の道の駅。市の魅力を発信し、交流人口拡大と防災の拠点になる。

 道の駅は市と国交省が2019年度から整備を進め、総敷地面積は約3万4200平方メートル。

 施設は市のシンボル五頭山をイメージした木造平屋建て…

残り717文字(全文:934文字)