村上市と関川村の社会福祉協議会は5日までに、災害ボランティアセンターを設けた。村上市は7日から、関川村は8日からボランティアに、水に漬かった家具の片付けや泥のかき出しなどに当たってもらう。新型ウイルス感染の拡大防止のため、ボランティアは県北地域や県内在住者に限定する。

 村上市は神林農村環境改善センターに本部を設置。申し込みは直接、本部で受け付ける。当面は県北地域の住民が対象で、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えていることなどが条件。

 関川村では、同村上関のせきかわふれあいどーむに拠点を置く。6日に住民訪問で支援のニーズを確認する。ボランティアは県内在住者に限る方向で検討している。申し込みの電話番号は社協のホームページに掲載する。

 胎内市もボランティアセンターの設置を検討している。

ボランティア情報はこちらにも