[インターハイ・5日、徳島県鳴門市ポカリスエットスタジアム]2年連続の表彰台にうれしさと悔しさが交錯した。男子砲丸投げの渡辺豹冴(開志国際)は県高校記録に並ぶ17メートル05で3位に入ったが、「全国レベルには到底追い付いていないことを思い知らされた」としみじみ語った。

 体調は万全ではなかった。熱中症気味で「全身に力が入らず、気持ち悪かった」と振り返る。決勝の1投目と3投目は、15メートル台に終わ…

残り250文字(全文:459文字)