新潟日報カルチャースクール

新潟日報カルチャースクール通信

Vol.211 「はじめてのストレッチヨガ」

メディアシップ教室

「はじめてのストレッチヨガ」

心と体に耳をかたむけて今の自分に向き合います

腹式呼吸を行いながら体をゆっくり伸ばします
体がしなやかになると心もリラックスできます

座ったまま気軽にできる運動です

「はじめてのストレッチヨガ」

 ストレッチにヨガの呼吸法やポーズを取り入れたゆっくりとした動き。座った状態で体を動かすのも特徴の一つで、運動経験のない人や高齢者も無理なく、運動することができます。

 「まず、良い呼吸とストレッチ、それから血行促進、免疫力のアップ、自律神経のバランスを整えることにポイントを置いたプログラムを行っています」と講師の工藤知子先生。 腹式呼吸は7カウントで息を吸って7カウントで息を吐き、そこでお腹を引っ込め肛門を閉めて息を7カウント止めるというリズム。慣れたら息を吐くとき長めにできると良いそうです。「呼吸に集中することで瞑想と同じ効果も期待できますよ」。

ゆるやかな動きで心地よく、楽しく

「はじめてのストレッチヨガ」

 講座では、ゆったりとした音楽をBGMに、腹式呼吸を行いながら体を伸ばしていきます。先生の声に合わせて深い呼吸を行いながら、体の伸びるところ、痛いところを確認していきます。「毎回、同じ動きを繰り返すことで自分の体の状態が分かります。動きを体が覚えると目をつぶっていてもできるようになるので、毎日の生活に取り入れて欲しいですね」と先生。

 受講生も「固くなっていた体がやわらかくなりました。体を動かすのが楽しいです」「激しい動きがなく、ゆるやかにできるのが良いです」と話します。

 初心者もお気軽にどうぞ。

講師

【講師】

ストレッチヨガインストラクター
工藤 知子

バックナンバー