新潟日報 釣り情報

週間釣り情報

<新潟市北区・聖籠など>投げ釣りでキス30匹上がる

 新潟東港の第2東堤防や港内、周辺などでアオリイカやアジ、カマス、サヨリ、キス、ハゼ、ヒラメ、マゴチ、スズキ、クロダイなどが釣れる。アオリイカは、エギングで胴長8~14センチが1~15匹上がっている。早朝が狙い目で島見浜や網代浜でも釣れる。アジはサビキやルアー釣りで夜から朝にかけて25センチ級が20~30匹掛かる。日中は5~20センチが10~50匹上がる。カマスやカワハギ、シマダイも交じる。港内ではサヨリがよく釣れている。投げ釣りでは、15~25センチのキスが10~30匹上がる。ハゼも交じり始めた。キスを餌にした泳がせ釣りでヒラメやマゴチが期待できる。スズキは夕方や夜にルアーや餌釣りで40~70センチが1~3匹狙える。クロダイは落とし込み釣りで50センチ級が上がった。フカセや夜の探り釣りでは30~40センチが1~5匹掛かる。夜の探り釣りではメバルやアジ、スズキも交じる。船は五目釣りで20~30センチのアジや30~60センチのマダイが上がっている。ルアーでも狙え、アマダイやウマヅラハギ、サバ、メバル、ソイなども釣れる。夜の電気釣りは25~30センチのアジが20~40匹釣れる。サバも多いので仕掛けの予備があるとよい。アジはルアーでも狙える。
 【コバヤシボート 025(256)2020】

【釣り情報】

地域別釣り情報

 

モア・セレクト

村上・三面川 サケを釣る

 

釣りに便利な情報

単位グラム換算表

ルアーに使われる重さ

ラインの号数とポンドの関係