東証大幅反発、終値は451円高
前日急落の反動で割安銘柄に買い

 26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発し、節目の2万1000円台を回復した。世界景気の減速を懸念した前日の急落の反動で、割安感のある銘柄に買い注文が入った。終値は前日比451円28銭高の2万1428円39銭で、上げ幅は今年3位となった。期末配当の確保を狙った買いも目立った。

 東証株価指数(TOPIX)は40・53ポイント高の1617・94。出来高は約17億4100万株。

 前日の25日は全面安の展開となり、平均株価の終値の下げ幅は650円23銭だった。26日の東京市場は朝方から幅広い銘柄が買われ、平均株価は徐々に上げ幅を広げた。

【主要】【経済】