立食「いきなり!」、米上場廃止
ステーキ店、本場では苦戦

 ステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは15日までに、米新興市場ナスダックの上場廃止を申請すると発表した。9月までに手続きが完了する見通し。ステーキの本場、米国展開が苦戦を強いられたためで、米進出との相乗効果を狙った上場の期間は昨年9月以来1年ほどで終わる。

 同社は立食を取り入れて低価格で集客する業態をてこに急成長し、日本の飲食チェーンで初めてナスダック上場を果たした。だが米国での不振から2018年12月期連結決算の純損益は8年ぶりの赤字に転落。19年2月にはニューヨーク市内にあった11店のうち7店の閉店を発表していた。

【経済】