囲碁仲邑菫さん世界トップに敗北
台湾の黒七段と記念対局

 4月に史上最年少の10歳でプロ入りする仲邑菫さん(9)は20日、東京都千代田区の日本棋院で、台湾の棋士で女性世界トップクラスの黒嘉嘉七段(24)と記念対局し、敗れた。

 菫さんは靴を脱いで、いすの上に正座して対局に臨んだ。対局後には時折笑顔も見せながら、「今日はうまく打てたが、ヨセで失敗した」と対局を振り返った。黒七段は菫さんについて、「この年齢でこれだけ打てるのは本当にすごい。間違いなく世界チャンピオンになれる」と話した。

 黒七段は昨年、日本で開催された女性の世界戦で準優勝した実力者。台湾ではモデルとしても活躍している。

【暮らし・話題】