高校生平和大使の英文写真集出版
海外と連帯求め

 反核署名を集める高校生らの団体は1日、署名を国連機関に届ける「高校生平和大使」の歩みを振り返る写真集を自費出版した。海外でも知ってもらおうと、英文の説明を付けた。編集に携わった長崎市の私立活水高3年中村涼香さん(18)は長崎市で記者会見し、「活動を伝え、(核兵器廃絶を目指す)仲間をつくりたい」と訴えた。

 タイトルは「高校生平和大使の21年」。79ページで、計約200枚の大半はカラーにした。1998年から毎年行われている国連機関への訪問や、国内各地での署名運動の様子、原爆で負傷した被爆者の姿などを取り上げている。

【暮らし・話題】