高知の「どろんこ祭り」始まる
顔に泥塗り、無病息災願う

 女性が男性の顔に泥を塗って無病息災や豊作を祈る恒例の「どろんこ祭り」が6日、高知市長浜の若宮八幡宮で始まった。大人も子どもも泥にまみれ「ありがとう」と笑顔で応えていた。8日まで。

 地元住民が踊りながら田んぼの周囲を回った後、白い浴衣に赤いたすきを掛けた約110人の女性たちが、見物客ら男性の顔に真っ黒な泥を次々と塗り付けた。4歳の頃から参加しているという高知市の同市職員山地淳さん(61)は「これで今年も健康に過ごせる」と話した。

 6日は小中学生の女子が男子に泥を塗る「どろんこ合戦」も初めて開催。祭りの一環で7日からは、地元の病院や老人ホームなどを回る。

【暮らし・話題】