鹿児島・奄美大島で海開き
児童ら初泳ぎ、伝統行事も

 鹿児島県・奄美大島で7日、海開きがあり、児童らが初泳ぎを楽しんだ。島内では旧暦3月3日の桃の節句に合わせて海開きをするのが習わしで、夏の海水浴シーズンに向けての安全祈願の神事や、無病息災を願って女児の足を海水に浸す伝統行事が執り行われた。

 同県奄美市の海岸では安全祈願の神事後、地元の児童ら約30人が歓声を上げながら海に飛び込んだ。波打ち際では、親子連れが初節句を迎えた赤ちゃんの足を海水に浸したり、記念に足形のプレートを作ってもらったりする光景が見られた。

【暮らし・話題】