パワハラ記事で文春に賠償命令
芸能事務所の名誉傷つけ

 週刊文春に、当時所属していた女優のんさん(能年玲奈から改名)にパワハラしたなどとする記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして、芸能事務所「レプロエンタテインメント」(東京)と社長が、発行元の「文芸春秋」と編集長にそれぞれ損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、事務所に計550万円、社長に計110万円を支払うよう命じた。

 中園浩一郎裁判長は、記事は事務所と対立するのんさん側の主張に基づくだけで、内容が真実であるかを検証していないと指摘した。

 週刊文春編集部は「到底承服できるものではなく即日控訴した」とコメントした。