京大教授が論文で不正、処分へ
熊本地震、改ざんや盗用

 京都大は26日記者会見し、理学研究科の林愛明教授(地震地質学)が2016年10月に米科学誌サイエンスに発表した同年4月の熊本地震に関する論文に図の改ざんや盗用の不正があったとの調査結果を公表した。林教授に論文の撤回を勧告しており、処分する方針。

 大阪大も今月15日、元准教授らが東日本大震災(11年3月)と熊本地震を観測してまとめたとする論文で捏造や改ざんがあったとの調査結果を公表したばかりで、不正が相次ぐ事態となった。

 林教授は、図表は誤っていたが後で直すつもりだったなどとして「結論は間違っていない」と説明。論文の撤回については、返答をしなかったという。