統一地方選後半、27市無投票に
東京特別区の11区長選も告示

 第19回統一地方選の86市長選と294市議選、東京特別区の11区長選と20区議選が14日に告示され、後半戦がスタートした。市長選には計161人が立候補。県庁所在地の津や高松を含め27市では立候補者が1人しかおらず、無投票当選が決まった。9日に告示された衆院大阪12区、沖縄3区補欠選挙、16日告示の121町村長選、375町村議選とともに21日に投開票(一部翌日開票)される。

 市長選の候補者数は過去最少で、無投票の割合は31・4%。部下への暴言で辞職し、先月の出直し市長選を制した兵庫県明石市長も無投票で4選を決めた。

【主要】【政治】