自民・吉田参院幹事長が引退表明
脳腫瘍、近く手術

 自民党の吉田博美参院幹事長(69)=長野選挙区、当選3回=は23日の党役員連絡会で、改選を迎える夏の参院選に立候補せず、議員を引退する意向を表明した。「比例代表の話もいただいたが、入退院を繰り返しており、選挙に出ないことにした」と健康上の理由を説明した。その後の記者会見で、脳腫瘍が見つかって近く手術すると明らかにした。

 二階俊博幹事長は会見で「党の発展に努力した有能な方。大変残念で、惜しんでも余りある」とこれまでの活躍をねぎらった。

 吉田氏は党参院側の実力者であり安倍晋三首相の信頼も厚く、党内から比例出馬を求める声が多く寄せられていた。

【政治】