佐賀の対応、韓国か北朝鮮のよう
新幹線整備で自民・谷川議員発言

 自民党の谷川弥一衆院議員(長崎3区)が、九州新幹線長崎ルートで未着工の新鳥栖―武雄温泉(佐賀県)の新幹線建設に反対している佐賀県の対応に関して「山口祥義知事に『韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言していたことが19日、分かった。谷川氏は取材に対し、発言が不適切だったとして「謝罪、修正したい」と語った。

 谷川氏は長崎ルートの整備方式を議論している与党検討委員会のメンバーで、佐賀県関係者は「整備方式は短時間で簡単に決められる話ではない。あまりにもひどい発言だ」と反論した。

【主要】【政治】