五輪入場券5月9日から受付開始
当選枚数は1人最大30枚

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、五輪入場券の販売方法について、大型連休明けの5月9日午前10時からインターネット上の公式チケット販売サイトで抽選申し込みの受け付けを開始すると発表した。期間は同28日午後11時59分までで、抽選結果は6月20日に公表する。1人当たり第1希望、第2希望を各30枚まで申し込むことができ、当選枚数は最大30枚となる。購入にはまずネット上でID登録を済ませ入場券の種類、席種、枚数を申し込む。

 組織委は18日に詳しい申し込み方法や競技日程を掲載した販売サイトをプレオープン。大会の関心が一段と高まりそうだ。