錦織、フェデラーに敗れる
日本男子86年ぶり4強逃す

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第9日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(日清食品)は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に6―4、1―6、4―6、4―6で屈し、同種目の日本勢で1933年大会4強の佐藤次郎以来86年ぶりの準決勝進出を逃した。四大大会で20度優勝を誇るフェデラーは大会通算100勝目を飾った。

 第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)はサム・クエリー(米国)を7―5、6―2、6―2で下した。準決勝でフェデラーと対戦する。