重鎮バイデン氏が出馬表明へ
米大統領選、民主党最有力

 【ワシントン共同】米主要メディアは23日、民主党重鎮のバイデン前副大統領(76)が25日にビデオ声明で来年の大統領選への出馬を表明すると報じた。関係者の話としている。トランプ大統領の再選阻止を狙う民主党の党候補指名争いはこれまで19人が名乗りを上げる大混戦。最有力候補のバイデン氏の参戦で選挙戦は本格化する。

 バイデン氏は上院議員として司法委員長や外交委員長などの要職を歴任。2009年から8年間、オバマ前政権の副大統領を務めた。

 バイデン氏は最近、セクハラ問題で批判されたが、民主党で誰を大統領候補として支持するか尋ねた世論調査の平均でトップを維持している。

【国際】