各部門のご紹介

編集・紙面制作

時代の変化とらえる多彩な報道

個性を盛り込み

 新潟日報「Otona+」(おとなプラス)は、「大人」をターゲットにした情報紙です。メディア環境とライフスタイルが変化する中、2016年11月に夕刊を進化させる形で創刊されました。ニュースが主体の朝刊とは違った「個性」を盛り込んだ全国でも先駆けとなる新媒体です。

 持ちやすさと手軽さのため朝刊の半分の大きさのコンパクトな紙面にした代わりに、平日12ページ、土曜日16ページと少し厚くなりました。

 1~3面では、趣味や旅、旬の話題や食、新潟の魅力といった特集を毎日展開しています。終面からの3面はニュース面で、大胆な写真で「いま」を切り取り、解説記事や速報を掲載。大事件・大災害の場合は連続3面で取り上げるなど臨機応変に対応しています。

 報道の役割を多彩に広げる試みを続けています。

県内外の課題、粘り強く

 ニュース報道や連載企画なども多彩です。「報道を通して地域の活力向上に貢献したい」。紙面を貫くのは記者一人一人のそんな思いです。郷土の問題を丁寧に、県外へも積極的に打って出てニュースの背景を探ります。社会面は計4ページ、「新潟」「長岡」「上越」など地域面もワイドに展開しています。取材の視点は全国、海外へも広げています。米・ニューヨーク(NY)、ブラジル・サンパウロ、中国・上海、フランス・パリに国際交流拠点を開設、2013年からはNYに記者を派遣しています。東日本大震災や東京電力福島第1原発事故などでは、何人もの記者が被災地に入り、県民が経験した中越地震や中越沖地震の教訓を生かそうと汗を流しました。

 柏崎刈羽原発が立地する新潟県にとって、原発問題は最重要課題の一つです。新潟日報が中越沖地震後に原発の安全性を正面から問うた通年企画「揺らぐ安全神話」は、08年度の新聞協会賞を受賞。16年の「原発は必要か」では、原発の地元企業に丹念な聞き取りとデータ分析などの調査報道で、「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」奨励賞を受けました。

 報道姿勢に対して、他にも多くの評価を受けています。最後までトキの野生種が残った地元として、自然と人との共存を考えた「朱鷺の国から」は10年に農業ジャーナリスト賞を受賞。県民の健やかな生活を願う長期シリーズ「あんしんネット」では、16年に「がんと向き合う」がファイザー医学記事賞大賞に輝いています。

県民に寄り添う

 県民に寄り添い、地域の話題を粘り強く伝え続ける新潟日報の姿勢を表しているものの一つが、世界中が注目する横田めぐみさんをはじめとする拉致事件の解決と、朝鮮半島問題の報道です。拉致被害者や家族の心情を伝え、解決を訴えた長期企画「拉致・北朝鮮」は2004年度の新聞協会賞を受賞しました。めぐみさんが拉致された11月15日を解決への祈りの日とし、事件解決を訴えるため、「忘れるな拉致 県民集会」を毎年、開催しています。集会の様子は特集紙面でも伝え、事件を風化させない、一日も早い解決をという県民の思いを広く発信します。

 県民の高い関心を集める地域スポーツの報道にも定評があります。サッカーのアルビレックス新潟をはじめとしたプロスポーツ、高校野球やインターハイなどのアマチュアスポーツを広くカバーし、積極的に紙面展開しています。県民に寄り添う紙面作りに向け、読者の紙面批評を聞く「読者・紙面委員会」も設けています。

充実した編集環境

 編集局では政治、経済や社会、文化の動きを探る報道部をはじめ、県勢選手の活躍を伝える運動部、ニュースの一場面を切り取る写真部などが日々、取材に当たっています。論説編集委員室は社説や朝刊1面コラム「日報抄」を執筆し、解説やオピニオン関連記事も担当しています。紙面制作の中核となるのが整理部です。記事や写真を価値判断して、最新システムを駆使して紙面レイアウトを決めます。出先担当記者を除き、編集局のほとんどの部門がメディアシップを拠点としています。地域とのコミュニケーションを深めながら、読者の期待に応える紙面を提供していきます。

新潟日報との海外提携10紙
新潟日報社の国際交流拠点
800万部の地方紙連合
通信社との連携に加え、国内は有力地方紙7紙と記事交換をしています
「忘れるな拉致」県民集会で話す横田さん夫妻
「忘れるな拉致 県民集会」で横田めぐみさんら被害者救出を訴える母・早紀江さん=2017年11月18日、新潟市中央区の市民芸術文化会館
横田早紀江さん作詞の「コスモスのように」を歌う出席者
横田めぐみさんが中学の合唱コンクールで歌った曲「翼をください」を合唱する出席者=2017年11月18日、新潟市中央区の市民芸術文化会館
サポーターの大声援を受けるアルビレックス新潟
サポーターの大声援を受けて白熱プレーを展開するアルビレックス新潟
編集整理部の様子