新潟日報 釣り情報

週間釣り情報

<寺泊>船釣りで2・5キロ級のマダイも

 船釣りは20~37センチのオキメバルが、良型交じりで3~23匹釣れている。そのほか、マゾイ、カサゴ、カレイも交じる。雪解け水の影響か、0・4~1キロの小型のマダイが船中多くて5匹ほどの釣果。2・5キロ級のマダイが釣れた船もあった。寺泊港周辺は、消波ブロックでの遠投サビキ釣りで、朝夕まずめ時に25~30センチのアジが5~20匹釣れたが、日によって釣果にムラがある。消波ブロックでのルアー釣りで、40~50センチのイナダがいい人で1~3匹。60センチ級のワラサが交じった日もあった。30~35センチのサゴシは1~3匹の釣果。消波ブロックのブラクリ釣りで、15~25センチのアイナメやソイ、メバル、カサゴなど合わせて3~6匹。餌は青イソメ。港内でのサビキ釣りで5~7センチの小魚が50~200匹以上釣れている。仕掛けは袖型針1・5号やハリス0・3号の極細サビキ仕掛けがおすすめ。
 【さくらや釣具店 0258(75)2228】

【釣り情報】

地域別釣り情報

釣りに便利な情報

単位グラム換算表

ルアーに使われる重さ

ラインの号数とポンドの関係