ミッドナイト・バス 思いを乗せて 出演者に聞く

主人公の恋人・古井志穂役 小西真奈美さん 人と自然に助けられ

「夜明けの雪景色が幻想的で、気持ちを作らずとも自然とわくわくできました」と語る小西真奈美さん

 ロケで一番印象的だったのは、やっぱり三条市の「白鳥の郷公苑」。ハクチョウがあんなに集まっているのも、それが一斉に飛び立っていくのも見たのは初めて。天候が急変したり、あとワンカットというところでハクチョウがみんな飛んでいってしまったり大変だったけれど、次の撮影日には雪深い中にハクチョウが戻っていてくれました。

 そこでとても大事なせりふを言って、(主人公役の原田泰造さんと)気持ちのやりとりをするシーンを撮った。すると、それまでワーッと鳴いていたハクチョウが急に静かになって、気持ちを作りやすくしてくれたこともあった。

 志穂は東京から恋人のリイチ(主人公・高宮利一(としかず)の愛称)に会いに、初めて新潟を訪れる女性。志穂にはすごく真っすぐに人を思う、いちずでかわいらしい部分と、苦い経験があるために臆病な部分がある。それは相手への思いやりでもあるけれど、時にもどかしくもある。

 リイチさんはとても不器用な男性で、すれ違ったり一歩踏み出せなかったりする人。でも同じくらい愛にあふれていて、志穂のことも家族のことも大事に思っている。もう10年一緒にいる設定なので、現場では原田さんとなるべく空き時間もおしゃべりしていた。しぐさや空気感から親密さが漂えばいいなと思う。

 志穂は東京で母親から受け継いだ飲食店を経営している。ただ、作品中では私は料理を出す側なので、自分ではほとんど食べられない。そんな中で、新潟特産のやわ肌ねぎのローストを出すシーンがあり、それがとても甘いネギだと聞いて、休憩時間にお願いして分けてもらった。やわらかくて最高においしかった。

 撮影ではいろいろなお宅をお借りした。大人数で長時間押しかけたのに、皆さん笹団子や甘酒までごちそうしてくださった。美しい景色と、出会った人に助けられてお芝居をさせていただき、感謝しています。

 

<こにし・まなみ> 1978年生まれ、鹿児島県出身。98年に女優デビュー。NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」と同シリーズに出演。2002年、映画「阿弥陀堂だより」で第26回日本アカデミー賞新人俳優賞。09年「のんちゃんのり弁」で第64回毎日映画コンクール女優主演賞など。

主人公・高宮利一役 原田泰造さん

主人公の元妻・加賀美雪役 山本未來さん

主人公の娘・高宮彩菜役 葵わかなさん

主人公の息子・高宮怜司役 七瀬公さん

主人公の元妻の父親・山辺敬三役 長塚京三さん

彩菜の恋人の父・大島達也役 遠山俊也さん(新潟市出身)

トップへ