届け出順に左から鈴木力氏、更科晃氏
届け出順に左から鈴木力氏、更科晃氏

 任期満了に伴う新潟県燕市長選は10日に投票、即日開票される。いずれも無所属で、4選を目指す現職の鈴木力氏(61)と、元市職員の新人、更科晃氏(58)が選挙戦を繰り広げている。

 選挙戦は合併に伴う2006年の市長選以来、16年ぶり。3期12年にわたる鈴木市政への評価が最大の争点となっている。

 鈴木氏は子育て環境の充実や産業振興を重点施策に挙げる。「先頭に立ち、日本一輝いているまち燕市の実現に取り組…

残り216文字(全文:433文字)