3月31日、2020~21全中国アルペンスキー選手権が黒竜江省ヤブリスポーツトレーニングベースで閉幕した。この日行われたコンバインド(スーパー大回転と回転)の結果は、黒竜江チームが男女で金1個、銀2個、銅2個のメダルを獲得。女子チームは5度目の金銀銅すべてのメダルを獲得した。これまで、黒竜江チームは合計金7個、銀7個、銅8個を獲得している。

【2021/04/19】

 コンバインド女子では、黒竜江省スノートレーニングセンターの張玉営選手が金、孔凡影選手が銀、倪悦名選手が銅メダルを獲得。また、男子の金メダルは吉林省通化市ウィンタースポーツマネジメントセンターの徐銘甫選手が獲得し、黒竜江省スノートレーニングセンターの王基森選手と牟沢成選手が銀と銅だった。

 選手権は6日間で10種目が行われた。全国14省市の17チーム、93人の選手が参加。黒竜江チームは21人が参加した。さらに今回は、ナショナルチーム所属の全選手も出場した。

 各種目の総合順位男子15位以内、女子14位以内が2020~21全中国アルペンスキーグランプリ決定戦の参加資格を得た。

 全中国アルペンスキー選手権で滑走する選手