「幻の激レア新幹線」「見たら幸せになる」。ネット上でささやかれる列車が4月1日の午後、JR新潟駅にひっそりと入ってきた。

 見慣れぬ白地に赤の車体。客を乗せず、時刻表にも載らず、駅の放送では「回送列車」と表現される。幸運にも新幹線ホームに居合わせた人の一部から静かな注目を集めた後、約10分の停車を終え、東京方面へ走っていった。

 名前は「East‐i(イーストアイ)」。正式には「新幹線電気・軌道総合…

残り2549文字(全文:2766文字)